赤ちゃんのアトピーを治すなら|我が子を守る術

幼児

乳児湿疹との違いを知る

幼児の手

乳児の皮膚炎を治療する

赤ちゃんの肌は敏感であり、少しの事で赤くなったり湿疹になったりします。湿疹がひどくなり、かゆそうな表情をしているとアトピーなのではないかと心配になってしまいます。アトピーであれば出来るだけ早く改善してあげる事が必用になるので、乳児湿疹とアトピーの違いを見分ける事が大切です。乳児湿疹は頬やおでこなどに赤い湿疹ができ、1歳になるくらいには消えてしまいます。見た目には判断がつきづらいアトピーと乳児湿疹ですが、アトピーの場合は、良くなったり悪くなったりを繰り返しながら継続していきます。アレルギー物質に反応して発症する事が多く、アレルゲンとなる物を取り除く事で解消できます。治らないのではいかと心配する人もいますが、正しい方法でしっかり治療すればよくなります。

自然の力で改善する

アトピーは皮膚を強くするための反応であり、ステロイドなどを使用せずに治療する事で肌が強くなって自然と治す事が出来ます。ステロイドを使用する事で、一時的にはかゆみがおさまり治ったように感じますが、成人になった時に再びアトピーが発症する可能性があります。赤ちゃんの肌はデリケートで回復力が強いので、自然の肌循環によって治す事が可能です。お風呂に入った際には、石鹸などを使用する事で赤ちゃんの皮膚の抗菌物質まで洗い流してしまう可能性があるので、お湯で汚れを落とすようにする事が効果的です。乾燥を防ぐためにしっかり保湿してあげたくなりますが、保湿してばかりいると更なる乾燥を招きます。赤ちゃん自信がもつ本来の潤いを取り戻す為には、過度の保湿は禁物です。

哺乳瓶の次には

水筒

赤ちゃんは最初は哺乳瓶を利用しますが、いずれは水筒を使うことができるようになります。その場合は赤ちゃんのために作成された水筒を選んであげましょう。有名なメーカーの水筒ならば様々な利点がありますので、値段だけで選ぶのは止めたほうが無難です。

詳細へ

信頼性の高い日本製品

ミルクを飲む赤ちゃん

哺乳瓶としては、日本メーカーの製品が品質が高く好評です。赤ちゃんによっては、日本メーカーの物でないとミルクを飲まないことが起こっています。また、日本メーカーの哺乳瓶は安全性の高さから中国でも支持を集めています。なお、製品としてはマグタイプも販売されています。

詳細へ

短期間だけ必要なもの

眠る赤ちゃん

ベビーベッドを必要な期間だけ使うために、レンタルがお勧めです。期間も1か月ほどや半年〜1年と選べますし、サイズ変更も可能です。赤ちゃんの状態によって借りたり返したりできるので、料金や部屋のスペースを無駄にせずに済みます。

詳細へ